新型コロナウイルスの感染防止と臨時休業の基準について

Miraizでは、医療関係者や感染の専門家の助言を受けながら、感染防止策の徹底を図っております。 

 

(1)教職員の対応

・職員は全員、常時マスクを着用して授業・指導・その他業務に当たります。

・授業中は常に教室の換気を行い、冬場は加湿機を稼働させます。

・教室内の机・椅子などを、授業終了ごとに消毒液で消毒します。

手洗いの徹底うがいの励行で感染予防に努めます。生徒にも同様の指導を行います。

・教職員の健康状態をチェックし、発熱や咳などの体調不良が認められる場合には、当日の出勤を停止し、医療機関での受診・検査を義務づけます。

・教職員及びその同居家族に感染・濃厚接触者などがあった場合には、医療機関または保健所の指示に従い、7〜10日間の出勤停止といたします。

・教職員に出勤停止があった場合には、自宅からのオンライン授業配信、または他の教職員による代講授業とさせていただきます。

 

(2)保護者の方にご理解いただきたいこと

・お子様の体調がすぐれない場合には無理をなさらず、ご自宅での休養に努めてください。

・教室でも職員が生徒の体調面に気を配り、少しでも異変がある場合にはご家庭に連絡いたします。

・体調不良が認められる生徒については、保護者の方のご了承をいただいた上で、ご帰宅いただく場合があります。

・通塾時・授業中には、マスクの着用及び手洗い・うがいの励行をお願いいたします。

・冬場は換気により教室気温が低くなります。エアコンも併用しますが、なるべく暖かい服装を心がけてください。膝掛けなどをご持参いただいても結構です。

・特に37度以上の発熱がある場合、がひどい場合、またご家族に感染・濃厚接触者がある場合には、出席をお控えいただくようお願いいたします。

・講師の出勤停止によりやむなく、授業担当の代講及び休講、または振替授業などが実施される場合があります。

 

 

【休校措置の基準】

下記のいずれかにあてはまる場合には、即日「臨時休校→オンライン授業切替」とさせていただきます。

 

【オンライン授業代替期間】

自主休校の場合は状況を見ながら、原則として1週間以上1ヶ月以内とします。 行政の指定がある場合にはそれに準じます。

 

【休校開始時期】

緊急事態宣言が発出され、浦安市内の小中学校が休校を決定した場合、その開始日よりMiraizも休校といたします。

 

【授業振替などの扱い】

原則として、予定の授業はすべてオンライン授業で実施いたします。
休校が決定した場合は、速やかにオンライン授業への切り替え準備と、時間割・アクセス先の告知を行います。
職員が出講できず、代講の見通しも立たない場合には、他日に振り替えて授業を行います。振替授業も実施できない場合には、休校日数相当額の会費をご返金いたします。