「心は熱く、判断は冷静に」&「姿勢にはきびしく、学力にはやさしく」

Miraizの先生は経験豊かなプロ講師ばかり。困ったときは何でも相談してください。何から始めればいいのかわからない、とてもやりきれないように見える多くの課題の中から、いまあなたに必要なものをセレクトして、効率よく目標に近づけるように指導します。かつてMiraizで学んだ先輩大学生たちも、自分たちの経験を元に様々なアドバイスをくれますよ!

Staff

スタッフ紹介(撮影用に外していますが、通常はマスクを着用しています)


 

近藤 息吹
(国・社) 
 

1975年大阪産。早稲田大卒。両親共にアナウンサーというおしゃべりサラブレッド。大学在学中から音楽活動に励み、歌うより喋る方が長いボーカリストとして全国を廻り、CDも数枚リリース。30歳を機に塾業界へ飛び込む。以来「こんぶ先生」として多くの小中学生を教え、時には教えられつつ十数年。2014年、志を同じくする仲間たちとMiraizを旗揚げ。特に広告宣伝もないままクチコミで評判が伝わり、開校1年で100名を超える生徒が集まる。
とにかくよく食べる。しかもやけに早い。さらに開校以来の多忙にかまけた運動不足がたたり体重が1.5倍に増量、ギックリ腰は三度たしなんだ。読書と旅行と2歳の息子が大好き。最近娘も授かって、自他共に認める親バカ路線を驀進中。タバコもお酒もまったくダメ、なのに宴席では誰よりも盛り上がっている。


[Miraiz生が紹介:近藤先生はこんな人!]
Q.「色」でたとえると?
赤(11)、オレンジ(5)、黄色(4)

「いつも元気だから」「明るいから」「いつでも楽しそうだから」
その他…あずき色、ワインレッド、えんじ色、など

Q.「動物」でたとえると?
ゾウ(5)、クマ(4)、ライオン(4)

その他(18)…アライグマ(よく手を洗うから)、トラ(阪神ファン)、カンガルー(子供好きだから)、トトロ(動物?)

Q.「漢字一文字」で表すと?
「笑」(18)「大」(3)「優」(2)

その他「楽・熱・知」など

Q.長所は?
「おもしろい」(17)

「にぎやかにしてくれる」「わかりやすい」「教え方がうまい」「色んな相談に乗ってくれる」「声が大きい」「たくさん食べる」「生徒に親身」「ひとつひとつしっかり見てくれる」

Q.弱点は?
「弱点ない・見当たらない」(5)

「おもしろすぎて集中できない」「話がどんどん変わっていく」「一歳の息子に弱い、デレデレし過ぎ」「息子さんや動物などかわいいものに弱い」「採点が厳しい」「運動不足」

Q.その他
「お子さんがすごくカワイイ」「炭水化物好きだよね」「とにかくおもしろい」「昔はやせてた、別人みたい」

 


 

塚原 聖一
(数・英・理)

1980年長野産。早稲田大卒。クラシック音楽を愛し、常に冷静沈着なMiraizの癒やし担当。海外留学の経験もあり、生徒たちに生きた英語を面白く教えようと工夫を凝らす。穏やかな口調からたまにくり出されるパンチの効いた一言が生徒に人気。合宿表彰式での「塚原像」授与はもはや伝統芸。大食漢の近藤とは対照的に食が細く、石炭(ナッツ)と水だけで動くSLのような人。


[Miraiz生が紹介:塚原先生はこんな人!]
Q.「色」でたとえると?
青(9)、白(6)、緑(5)
その他…水色、黄緑など

Q.「動物」でたとえると?
キリン(11)

その他…うさぎ、鳥、ペンギン、フラミンゴ、イルカ、クラゲ、ミーアキャットなど

Q.「漢字一文字」で表すと?
「優」(6)、「細」(5)

その他…「静」「知」「高」「流」「楽」「笑」「軟」など

Q.長所は?
「優しい」「わかりやすい」「おもしろい」(各4)

「失敗してもちゃんとカバーしてくれる」「メンタルが強い」「授業がテンポ良く進む」「身体も考え方もスマート」「平和主義」「雑学王」

Q.弱点は?
「時々スベる」「スベってもごり押しする」「押されると負けちゃう」「もう少し肉食べて」「健康に気をつけすぎなのかやせている」「たくさん食べてください!」


Q.その他
「炭酸水が好き」「英語で面白いことを言う」「小泉孝太郎に似てる、イケメン」

 


 

小出 正太郎
(数・英・理)

1980年大分産。東京理科大卒。格闘技の経験があり、見た目がゴッツイため、自他共に認めるMiraizのコワモテ担当。やるべきことをやらない生徒には厳しいので一部には恐れられているが、そのイメージとは裏腹に、おしゃべり好きで世話好きな一面もあり、どんな質問にも答えてくれるため、受験生からは厚い信頼を集めている。教室のどこが壊れても大概直してしまう。からあげや鶏天が大好物で年間チキン消費量はKFC店舗並み。三児の父親でもあり、子供の運動会は必ず観に行く。


[Miraiz生が紹介:小出先生はこんな人!]
Q.「色」でたとえると?
緑(7)、黒(4)、黄色・赤(2)


Q.「動物」でたとえると?
クマ(3)、ライオン(2)

その他…チーター、クマ、シャチ、トラ、猫、オオカミ、ミミズクなど

Q.「漢字一文字」で表すと?
「力」「博」「専」「石」「男」「怖」「鬼」「笑」など


Q.長所は?
「授業の話が面白い」「知識が豊富」「専門的なことを知れる」「論理的に教えてくれる」「教えるのが上手」「怖そうで優しい」「集中力がある」「生徒思い」「おいしいお肉の店を知っている」


Q.弱点は?
「コワイ雰囲気がある」「顔がコワイ」「話が長い」「弱点なんてあるわけない」


Q.その他
「虫の置物を机に置いている…何回見てもコワイ」「生徒の前でキリッとしている」「自粛中にパンづくりにハマったらしい」

 


 

青木 龍太郎
(国・社・数・英)

1976年埼玉産。早稲田大卒。穏やかな語り口で、学校や勉強など身近な問題から天下国家までを幅広く語り、生徒の興味や関心を引き出している。生徒思いで責任感が強く、様々な相談にも粘り強く最後まで付き合って改善・解決に導く。西武ライオンズが勝てないと溜息が増える。最近ついにパパになり、写真を見てはニヤニヤ、近藤との親バカ対決がヒートアップしている。


[Miraiz生が紹介:青木先生はこんな人!]
Q.「色」でたとえると?
青(14)、赤(5)、ピンク(3)

その他…紺、紫、水色、エメラルドグリーンなど

Q.「動物」でたとえると?
犬(7)「めっちゃ知的な警察犬」

その他…サル、コアラ、キリン、カピバラ、リス、シロクマ、「良い意味でカラス」など

Q.「漢字一文字」で表すと?
「知」「熱」「学」「正」「良」「漢」「話」「基」「仏」「優」「楽」「笑」など


Q.長所は?
「授業内容が濃い」「勉強の大切さを教えてくれる」「めっちゃ優しい」「ものしり」「イイ人」「生徒の意見を大切にする」「知識が豊富」「切替が早い」「わかりやすくたとえてくれる」「細かく説明してくれる」「雑談をいっぱいしてくれる」「面白いけどまじめなところ」


Q.弱点は?
「マスクが大きく見える」「家族を好きすぎる」「微妙にわからないギャグを言う」「話してくれることが多すぎて授業時間が延びる」


Q.その他
「最近赤ちゃんが生まれた、おめでとうございます」「ガンダム好き」「謎のダンスを踊る」

 


 

高橋 前之進
(明治大学大学院)

開校前からの縁で、Miraizに講師として参加。熱く雄弁な授業で生徒たちの知的好奇心を刺激する。バリバリの理系学生ながら歴史にも造詣が深く、特にミリタリー方面の情報量はWikipedia並みの充実度。コーヒーが大好きで、美味い豆と挽き方・淹れ方にこだわり、合宿にもコーヒーメーカーを持参する。実際、彼の淹れてくれたコーヒーは、とてもおいしい。
 


 

武田 翔
(第1期生/東洋大学)

中3の夏、Miraiz開校を聞き体験授業に参加、「目から鱗が落ちた(本人談)」ほどの衝撃を受けて入会。その後半年間でメキメキと成績を上げ、見事に志望校合格。Miraizで学んだことを後輩たちにも伝えようと、チューターに。優しい人柄と面倒見の良さで、生徒たちにも人気。
 


 

疋田 未都
(第2期生/東京音楽大学)

常識にまったく囚われない自由な発想に彩られた言動で教室を沸かす、Miraizのムードメーカー。ここぞの集中力で事務や採点、PC入力などを幅広くスピーディにこなす。大胆にして小心、いつも一生懸命なのだが、たまに大事な何かが少しだけズレており、破壊力満点の笑いを生み出す。音大生なので合宿中も合間にフルートを練習していたが、こちらの方は寸分のズレもない素敵な音色だった。
 


 

吉田 和貴
(第3期生/明治大学) 

近藤とは小4以来の長いつきあいで、隙あらばと下剋上を狙うもなかなか頭が上がらない。低めの落ち着いたシブイ声とわかりやすく丁寧な説明で、授業も好評。面倒見が良く、生徒たちにも気さくに声をかける。将来は教える仕事にも興味があるようで、より質の高い授業にしようと準備にたっぷりと時間をかけ、研究や反省にも余念がない。
 


 

榊原 一紗
(第3期生/昭和女子大学)

満面の笑顔と明るさを武器に、たぐいまれなコミュニケーション力で瞬く間に誰とでも打ち解けるMiraizの好感度女王。たいへんな仕事もウエルカムで引き受け、持ち前の責任感でキッチリやり遂げる仕事人の側面も持つ。合宿にも2年続けて参加、天真爛漫なキャラクターで大いに盛り上げた。昔と変わらずオトボケのようでいて、生徒たちの気持ちを敏感に察し、さりげない気遣いを見せる立派な大人になったその姿には、小3「おにぎり娘」時代以来10年ものご縁がある近藤も涙せずにいられない。いまでもたま〜にこちらの意表を突いてくる大胆なオトボケにも、笑い涙を禁じ得ない。
 


 

上原 柊馬
(第4期生/上智大学)

小6時、Miraiz開校初日の最初の授業に体験生としてやって来た、記念すべき生徒第1号。まだ新品だったホワイトボードの保護シートを剥がす「こけら落とし」を担当した人物としても有名。彼1人から始まった4期生だったが、やがて仁科を始め多くの仲間を増やし、成績もグングン伸びて輝かしい実績を残すまでになる。「3年後はスタッフとして頼むぜ!」との言葉を忘れず、難関大学に進学した昨年よりチューターとして参加。流暢な語り口と丁寧な解説で生徒の支持を集め、合宿や補習でも活躍、いまや欠かせない主戦力に。近藤とのタイガース談義が一度始まると長くなる。
 


 

仁科 秀紀
(第4期生/中央大学)

上原と同期で、小6時の「伝説の三人衆」の一角。塾を大いに楽しみながら学力を伸ばした自身の経験を通して、Miraizの空気や温度も、理想とするところも知り抜いている。慎重な性格で生徒の様子にも細やかに気を配りながら指導する。優しい人柄に心を開く生徒も少なくない。理系講師の新戦力として、理科や数学に悩む後輩生徒たちの苦手克服に腕を振るう。